読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒ カ リ ノ 雫

わたしたちはこの世界に生をうけた一滴のヒカリ。世界はヒカリの波紋。愛のヒカリで溢れますように。sachi ブログです。

新月の部分日食




きまぐれ配信

ここ最近のイベントから





3月  8日(火)     寅の日

3月  9日(水)     10:55  うお座新月
                        日本では部分日食
                        一粒万倍日

3月10日(木)     ダメの日



・・・・・・・・






明日の水曜日はうお座新月です。
一粒万倍日と部分日食も重なってのドキドキ感。


日本からはおせんべいをかじったような太陽が見れそうです。
(直接みないでくださいね、あぶない)

だいたい10時過ぎたころからゆっくり欠け始めて
11時くらいに欠けが最大、12時くらいにもとの真ん丸にもどるとのこと。




うお座新月には癒しやデトックスの意味合いがあり
部分日食の「欠ける」という点で、引き合っている感が一見します。


しかし、アーユルヴェーダ的な視点でいうと
太陽はアグニ(火)と密接な関係があり、
食べ物だけでなく、様々な事、思い、思考を
「消化(浄化)する」のに必要なエネルギーとされています。
消化できなくなったものは「アーマ(毒)」になってしまいます。

ですので、「きちんと消化(浄化)する」という点では
部分日食がもたらすアグニの「欠け」は、良くない作用、と捉えられます。



うお座新月の特性として、もぅ一つ
深いところでキヅキをもたらす作用がある、と言われていますが
こちらも部分日食によって少し「消化不足」が起こり
深いキヅキまで到達できるかどうか、という感じです。
少し不安が残る感じ、でしょうか。

 

月は情緒。

春で少しココロが不安定で、アグニを弱めてしまう、、

そんな感じ。

 

 




できるだけ、部分日食の際は外に出ずに
屋内で静かに過ごされることをお勧めいたします。






食の影響をさければ、一粒万倍日も重なり
素敵な新月となりますね。
「浄化」にも適した新月ですので、塩風呂なんておすすめです。






一粒万倍日は、「人に施す」こともとてもよいとされています。

貴方の行いによって誰かに最高の癒しをもたらすことができたら
それは本当に素敵な一日です。








最近、街をあるくと呼び止められる沈丁花の香り。
春の癒しです。


香りのよい花は、風水的にも良いとされています。

次回は、パワーアップした「色風水・花風水」のワークショップのご案内です。

 

 

 

 

 

f:id:sssss333:20160308160045j:plain