読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒ カ リ ノ 雫

わたしたちはこの世界に生をうけた一滴のヒカリ。世界はヒカリの波紋。愛のヒカリで溢れますように。sachi ブログです。

お米の夢

 
今朝の二度寝の時に
お米の夢を見ました。
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・
 
 
北の果て、
北海道のどこか
 
やっと目的の地に到着。
仲間も一緒。
 
 
サワサワと風がよく通り、
まだ若い稲が風になびいて葉を揺らし
私達を歓迎。
 
 
もぅすぐに浄化がはじまり
涙がとまらなくなった。
目がなかなか開けられなかったけど
やっと開けて
 
一緒に行った仲間の一人が
持ってきてた袈裟に着替えてお参り。
 
 
ここは北の果ての、お米の記念の場所。
 
敷地に入るとすぐに
水田が広がり、
真ん中が通り道になっていて
その先に、大きな仏像が並ぶ建物があって
そのまた先に
北海道の開拓民の方々の慰霊の為の建物があった。
 
中に入るとお仏壇が並んでいて
寒冷地である北海道の厳しい気候の中で
ここに住んで田んぼを作ろうと命がけで暮らしてた方々の
想いがおさめられた場所。
 
それぞれのお仏壇の前には
ゆかりのお米がお供えしてある。
 
 
 
端っこの方には
何故か私の実家(北海道ではありません)の方のお米が。
 
 
 
 
 
みんなで手を合わせました。
 
 
・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
で、
 
 
涙流しながら目が覚めて
 
 
みたいな朝。
 
 
 
(・_・
 
 
 
 
北海道の開拓史、お米を調べてみると
中山久蔵さんの名前がでてきました。
 
 
 
 
 
今日(こんにち)、
地球温暖化の影響で、
東北で美味しいお米が出来るという土地感も更に北上し
北海道でも沢山のお米が作られるようになりました。
 
 
今ではこうして
腐肉な形で気候が後押ししてくれていますが
中山久蔵さん含め、
多くの方の御苦労の上に
北海道の豊かな農業が成り立っていることは
間違いありませんね。
 
 
 
また、北海道に限らず
どこの地域でもこうした先人のたゆまぬ努力があってこそ
当たり前と感じて流している日常の豊かさがあるのだと
改めて感じたいと思いました。
 
 
 

種が土地に馴染み
芽を出し
背を伸ばし
また葉を増やして
虫や気候の影響にもなんとか調和しながら
実を結び
収穫の時まで
 
 
どれだけの奇跡があるのでしょうか。
 
 
 
 
 
感謝*
 
 
 
 
 
 
なぜこの夢を見せられたのかは謎ですが
方位的に北が取れるようになったら
ゆかりの地を訪れてみたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
写真は、2年前にいった北海道の風景です。
 
 
 
 
f:id:sssss333:20140802130640j:plain