読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒ カ リ ノ 雫

わたしたちはこの世界に生をうけた一滴のヒカリ。世界はヒカリの波紋。愛のヒカリで溢れますように。sachi ブログです。

子午線へ

 
西の旅
 
遠く、淡路島を臨みながら子午線上へ。
 
 
f:id:sssss333:20140613082309j:plain
 
 
 
今回の旅の大きな目的の一つが
子午線上でお米を育てるひかり農園さんへ伺うことでした。
 
 

お米とひかり農園さんをご紹介した記事

ヒカリの連鎖 - ヒ カ リ シ ズ ク
好転反応 - ヒ カ リ シ ズ ク

 
 
 
この日を指折り数えて待っていました。

 
 

東経135度、子午線の上にあるひかり農園さんは
複数の田んぼで数種類のお米を育てていらっしゃいます。

ご自宅に隣接した畑では無農薬のお野菜も植えて
食事に使うお野菜は、その時採れたてを頂くわけです。

豊かな生活。

 

畑と田んぼを数か所見せていただきました。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
今年、緑米が育つ場所。
 
不思議な音色と舞い、神秘的な夜の風景。
 
離れてるとこから
時々見ていた風景がそのままに
広がっていました。
 
f:id:sssss333:20140613084547j:plain
 
 
 
 
 

 
出会う前から、
いっぱいお話しした苗たち。
かわいいベビーリーフ。
 
幼稚園!
 
 
f:id:sssss333:20140613084616j:plain
 
f:id:sssss333:20140613085549j:plain
 
 
 
 
 
 
 
雑草や虫たちと共存
調和の中で育て上げると
色々教えていただきました。
 
f:id:sssss333:20140613084643j:plain
 
 
 
 
 
 
無耕機栽培なので、
既知のノウハウと、重ねた試行錯誤で
いかに土を柔らかく強く肥やしていくか、ということを独自にされています。
 
農家さんのこうした日々の努力と厳しい体力仕事を紡ぐ愛情で
美味しいお米ができるのですね。
本当に有難いことです。
 
 

水田は発酵が進み、栄養満点という感じでした。
 
 
 
 
 
裸足になって、足を入れさせて頂きました。
 
f:id:sssss333:20140613084752j:plain
 
 
 
 
足の裏から伝わってくる大地の豊かさは、表現できません。

すべてを育む地球に宇宙に、すべてのヒカリある命に感謝しました。
 
 
 
 
 
 
車で移動して
一番大きな田んぼに行きました。
 
 
 
 
今年、イセヒカリが育つ場所。
ここはもぅ、行く前から『大丈夫』
 
f:id:sssss333:20140613084818j:plain
 
 
 
 
 


 
田んぼの反対側がとても気になります。
 
 
 
車から降りるとき
思わす言葉がこぼれます。
 
『 龍神様がいる! 』
 
 
 
 
 
 
見上げた空。
 
f:id:sssss333:20140613084852j:plain
 
 
 
 
 
 
ここの空は、他と全然違う。

 
 
 
 
 
田んぼの反対側がとても気になる。
あの土手の向こう、何か在る。何か、いらっしゃる。
 
f:id:sssss333:20140613084908j:plain
 
 
 
 
 
 
素晴らしい風景と重なって、弁天様がぷかりと浮かんでいました。

空には龍が泳ぎ、子午線がズバッと通っています。
 
f:id:sssss333:20140613084930j:plain
 
 
 
 

豊かな水を護る神様たちとお会いできました。
そして、そのお水をまっさきにいただけるのは、イセヒカリたちなのですね。

 

感謝 *

 
 
 
 
 
 
田んぼ周遊を満喫した後、有難いことにご飯を頂くこととなりました。
 

イセヒカリ緑米のコラボ。
『糠くど』というもので炊いていただきました。
佇まいがかわいい。
緑米の籾ガラとイセヒカリの藁で火をつける贅沢さ。
畑から採れたての空豆をむいて待ってました。


田んぼから帰ってくる時に見えたビジョン、卵かけご飯もでてきて
本当に幸せなおもてなしを受けました。

 
f:id:sssss333:20140613085003j:plain
 
 
 
 

最後にもう一個おねだりw

 

以前ブログで拝見した神社へも連れてってもらいました。
そこからも淡路島が見えました。

 

 

 

繋がる命、ヒカリ

あれから苗たちは田んぼに根をおろし、小鳥みたいに水浴びをしています。
これからの成長も本当に楽しみです。 

 

また伺わせていただきます。

 


ありがとうございました。