読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒ カ リ ノ 雫

わたしたちはこの世界に生をうけた一滴のヒカリ。世界はヒカリの波紋。愛のヒカリで溢れますように。sachi ブログです。

神習う

お知らせ キヅキ


11月23日は新嘗祭(にいなめさい)です。




新嘗祭とは、その年採れた新穀を神に奉納し、
五穀豊穣を祝うお祭りです。
伊勢神宮をはじめ、多くの神社で数日かけて行われます。


豊葦原の瑞穂国(日本)を治める最高責任者である天皇陛下
神々に新穀をお供えし、農作物の収穫に感謝し
陛下もその日初めて新穀を召し上がられる日でもあります。



新穀を代表するお米は
高天原で育てられたものを
天照大御神様がもたらしてくださったものです。



ある時、天照大御神様は
皇族の祖先、天照大御神様の孫にあたる
邇邇芸命(ににぎのみこと)様に、

「吾が高天原にきこしめす
  斎庭の稲穂(ゆにわのいなほ)を以て、
  また吾が児(みこ)にまかせまつるべし」

と仰せになりました。


天上から伝えられた斎庭の穂を地上に稔らせることによって、
地上と天上とが等しくあるように願われたのだと思います。


「斎庭(ゆにわ)の稲穂の神勅」と言われるものです。

 


神々が住む高天原で育てられた稲穂を
邇邇芸命様に託し
農業、労働の事始めとなりました。




高天原で神々が行われる米作りをそのまま地上で行うこと、
神々と同じように地上にいきる私たちが米を作り、くらしを営むことは
「神習う」という信仰です。
それが労働です。



「働く」ことの喜びを感じ
そして、そこから得る「収穫」で
私達の命も育まれていくという美しい輪を生み
日本の国を支える基礎となります。






11月23日は勤労感謝の日でもあります。


勤労感謝の日が制定されたのは戦後のお話ですが
新嘗祭の為にお休みをとり
皆で五穀豊穣を祝って感謝で頂く日として
過ごされると良いです。



平成元年
天照大御神様を御神体とした伊勢神宮の御神田で見つかった新種の稲
イセヒカリ」で
お米の祝賀会を開催します。


どうぞ御誘い合わせの上
一人でも多くの方にご参加頂けますように。



 


【 お米の祝賀会 2015 】

◎日時 : 11月23日(月)
                受付 12:00  
                開始 12:30(2時間程度予定)


◎場所 :  ORIDO
                     東京都武蔵野市 吉祥寺東町2-40-22 
                    

◎会費 :  [A] ~中学生           1000円
                 [B] 高校生~19歳    3500円
                 [C] 20歳~               5000円

                 ※ 上記は前売り価格になります。
                      参加申し込みをされた方に、お振込先をお知らせいたします。
                      当日清算は、各プラス500円です。

                      いずれにしましても、準備の為人数を把握したいので
                      参加ご希望の方はメールにてご一報ください。
                      事前振込みか当日清算か、
                      参加人数と併せてお知らせください。

                      (振込手数料は参加者様もちでお願いいたします。)

               
◎申込  ⇒   下記メールアドレスまでご連絡ください。

                    333@sodaplus.com

 

 

 

 

 

 

 

画像は、高天原天照大御神様が瓊瓊杵尊様に斎庭の稲穂を託すシーンです。

 

 

f:id:sssss333:20151119134550j:plain