読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒ カ リ ノ 雫

わたしたちはこの世界に生をうけた一滴のヒカリ。世界はヒカリの波紋。愛のヒカリで溢れますように。sachi ブログです。

夏の北海道 大吉方旅行(1)

九星気学 説明できない 日々徒然 キヅキ

 


夏の土用(7/19~8/6)前の3連休にひっかけて
一足早くプチバカンスをいただき
夏の北海道を満喫してきました。

 

f:id:sssss333:20160718060146j:image

 

 


私にとって最大吉方の重なりを利用し
さらに、今年の大三合の「子」をとって北の大吉方旅行です。

今年の大三合の中でも「子」の方位は最大の効果です。

 

大三合とは、毎年めぐる3つの干支の組み合わせです。
こちらの詳細は現在開催中の九星気学、中級コースで伝授予定ですが
普通の大吉方位の12倍も効果が高いと言われています。

 

例えば、出張などでやむを得ず凶方位をとったとすると
その3倍は吉方位を取った方がよい、とされる流派もあるようですが
大三合などうまく使えば、効率よくカバーできます。

 

※ 凶でとっても方災作用が何倍にもなってしまいますので、
    お気をつけて。
    ご相談承ります。

 

 

 


今年の重なりは、厳密にいうと2月と11月なのですが
月盤に吉星が北に回座しているのと
なんといっても夏の北海道も楽しみたい!という強い想いから
弾丸ツアーを結構いたしました。

 

その旅行の様子をダイジェストでお伝えいたします。
吉方位旅行の素晴らしさを
少しでも感じていただければ幸いです。

 

吉方位旅行は、その後の吉作用云々以前に、
行く前から、そして行ってる間ずっと意味深く、
そして素晴らしく楽しいのですから。

キヅキと感謝の連続です。


これはなかなか活字では言い表せません。

 

 

 


夏の北海道へ行きたかったのは
去年の4月の北海道の大吉方旅行で、雪で行けなかった場所へ
どうしても行きたいというのが大きかったです。

 

行ってきましたっ!

 

 

 

早朝に新千歳に到着し、レンタカーで最初に向かったのは
新千歳と札幌の間にある公園内にある大きな滝です。
広大な敷地は見事に整備され、大変美しい景色が広がっていました。

 

f:id:sssss333:20160717230855j:image

 

 

 

前を向いて歩いてると
「四つ葉のクローバーがある」と感じました。

その場にかがむとすぐに目が合いました。
ご挨拶してそのままに。

 

 

f:id:sssss333:20160717231010j:image

 

f:id:sssss333:20160717231119j:image

 

 


公園の一番奥に、大きな滝があります。
壮大な景色でした。

 

f:id:sssss333:20160717231221j:image

 

 

 


なぜ公園にしたのか不明ですが
そのことと、雪でもって、この滝をまもっているのだなぁと思いました。
夏のわずかな期間にしか入れないのに、ずいぶん手がかかっています。

どこも花が咲いていて、ミツバチも丁寧に蜜を集めていました。

 

f:id:sssss333:20160717231303j:image

 

 

 

 

札幌を素通りして、今度は蝦夷富士に
羊蹄山の足元を目指して走ります。

 

車窓からの景色はどこも素晴らしくて
とくに目を引いたのはジャガイモ畑のお花たち。
満開で迎えてくれました。

 

f:id:sssss333:20160717231350j:image

 

f:id:sssss333:20160717231428j:image

 

 

 

車を停めて、カメラを近づけると急に風が吹いて
みんな手を振ってくれてるみたいでした。

 

f:id:sssss333:20160717231538j:image

 

 

 

 

 

前回いけなった場所、その場所にほど近いところにあるうどんやさん。
「うどん」と聞こえてきて、冷やしうどんの映像が見えてきて
そしたら本当にあった!っていうのが前回の流れなのですが


※去年の記事です。
   「今年最高の吉方旅行(2)」

 

 

 

なんとか閉店時間までには到着できて(15時閉店です)
今回はあたたかいおうどんで遅いランチを頂きました。

 

気学は方位だけでなく、運気を上げる食事もみれます。
私に良い食の一つ、ぷりっぷりの海老を天ぷらにしておうどんと一緒に。
やさしい味付け、美味しかったです。

 

それにしても、前回の4月の時とは違い随分緑が茂って
土地全体に生気を感じました。

  

f:id:sssss333:20160717231742j:image

 

 

 

 

 

満腹後、目的地のとある池に向かいます。

 


とても人が立ち入りそうにない山奥なのですが
近付くにつれ子供たちのはしゃぐ声と、

どぼーん!と水しぶきの音。。

 

f:id:sssss333:20160717231947j:image

 

f:id:sssss333:20160718061116j:image

 

 

 


外国人家族とわんこ2匹、すでに池を楽しんでいました。
子供たちとわんこたちは、池に入って泳いでいます。

羨ましい!

 

f:id:sssss333:20160717232024j:image

 

 

 

彼らは香港在住の白人家族で
毎年4月~8月は北海道の田舎でスローライフを楽しんでいるんだそう。

そうやってバランスを取ってるんですね。

 

わんこたちもとっても人懐っこくて
すぐに友達になりました。

木の棒を池に投げると、2匹仲良く取りに行ってくれます。
しばらく遊んでいました。
ママから北海道の情報もたくさん伺うことができました。

 

f:id:sssss333:20160717232049j:image

 

 

 

野生の紫陽花や大きなカタツムリにもあいました。

 

f:id:sssss333:20160717232222j:image

 

 

 

 

 

ここから今夜のお宿、札幌に向かう途中、

羊蹄山の湧水がいただける
京極ふきだし公園に立ち寄ります。
お不動様にご挨拶してからいただきました。
本当においしくてびっくりします。

 

感謝

 

 f:id:sssss333:20160717232431j:image

 

 

 

羊蹄山もようやく全貌をみせてくれました。

 

f:id:sssss333:20160717232603j:image

 

 

 

 

 

札幌の夜は、札幌在住の知人の方々にご挨拶。


前回同様、いつもお世話になっているコーヒー屋さんへ立ち寄ります。
彼の手にかかった自家焙煎のコーヒーはまるでお薬みたい。
お店に訪れる方の好みだけでなく、体調なんかもきいて
処方するように選んでくださいます。

 

この日、丁寧に目の前でドリップしていただき
2種類のコーヒーを所望させていただきました。
ココロがふわぁっとほぐれました。

 

f:id:sssss333:20160717232519j:image

 

 

 


お土産コーヒーも処方していただき
いつもお世話になっている気学の大先輩と落ち合います。

気がつくと長いお付き合い。
気学を通じて知り合って、ネットの力もかりて距離を感じさせない日々ですが
また顔をみてお話しすると全然違います。


皆様、ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 


この日の走行距離は240キロ。
幸せな疲労感で即落ちでした。

 

次回につづきます。

 

 

 

 

※ 場所の名前をはっきり明記しなくてすいません。
    ご興味のある方はメールくださいませ。

    333@sodaplus.com

 

 

 

 

 f:id:sssss333:20160718061245j:image