読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒ カ リ ノ 雫

わたしたちはこの世界に生をうけた一滴のヒカリ。世界はヒカリの波紋。愛のヒカリで溢れますように。sachi ブログです。

魂のつながり

 


昨日、1月18日から節分まで、
2015年最後の冬の土用の期間になります。

加えて水星逆行中もあり、わかりやすくいきなりの積雪で
とくに東京は混乱しました。

  過去の類似の記事 : 今年最初の土用入り(2015年)



早朝の出勤には、
大変なお時間を過ごされた方も大勢いらっしゃったことと思います。
どうぞ体をあたためて、ご自愛のうえお過ごしくださいね。

土用の時は「う」のつくものを食べると良いといわれています。
夏の土用ではウナギをいただくのが主流ですね。
冬はうどんでしょうか。
生姜たっぷりいれて、体の内側からぽかぽかあたためてください。







さて、

最近ある方からお伺いしたお話をこちらに綴ろうと思います。
とっても素敵なお話。

ココロがぽかぽかあたたまる不思議なお話。





・・・・・・・


彼女のご近所に住んでいた仲の良い老夫婦は、
ご都合上、別々のホームに預けられて、
離れて余生を過ごしていらっしゃいました。


若い家族がそれぞれのホームへ行き来することはあっても
年老いたご夫婦が、それぞれの顔を見に行き来することは
体調など含め、かないませんでした。

年が明けてまもなく、
離れて暮らす老夫婦は、それぞれお星さまになりました。


不思議なことに、お星様になった時間は、
わずかに30分ほどしか変わらなかったのです。


ご夫婦は、同じ会場で遺影をならべて葬儀をしてもらい
二人同時に、一緒にお墓に入られたそうです。



・・・・・・・






このお話を伺っていた時


「せーのっ!」という号令をかけて
離れて存在する二つの魂が、同時に浮遊する姿がイメージできました。

テレパシー

あっという間に互いの存在をみつけて
しっかり手を握ってるイメージも。




同じホームにいられたら、もっと長生きされていたかもしれません。

いずれお星様になって、一緒に過ごす時間が永遠に続くとしても
今離れて過ごすことが、なによりさみしかったり
違和感さえ覚えるのでしょう。


また別々でこの世にいきて、探して、出会って、
初めてであったのに懐かしく思えたり、
それでもドキドキしたり、悩んだり、泣いたり感謝したりして

「また生まれ変わっても一緒になろうね」って
約束するのかもしれません。





素敵





f:id:sssss333:20160119175631j:plain