読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒ カ リ ノ 雫

わたしたちはこの世界に生をうけた一滴のヒカリ。世界はヒカリの波紋。愛のヒカリで溢れますように。sachi ブログです。

お坊さんにナンパされた夜



最後の十代の歳、



その頃、京都に住んでいた私は
学生しながら平安神宮のそばでバイトをしていました。



その日は遅番で、もぅすっかり暗くなって人気も無いバス停で
最終バスを待っていました。

ぼーっと待っていると、
三条方面からふらふらと歩いてくる人影が見えました。
サムイのようなものを着用された、やや千鳥足の坊主頭の男性でした。
ふらふら、ゆらゆら、でもどんどん近づいてきます。




暗がりの中で、座ってバスを待つ私に気付いた彼は、?となり

『 ここで何をしているんですか? 』

と聞いてこられました。



『 ・・バスを待っています。 』


『 え?バスなんてこないよ、一緒に帰ろう 』

『 来ます、最終バスがw 』

『 来ないよ、来ない来ない。一緒に帰ろう♪ 』



若いお坊さんでした。

20代半ば、といった感じ。

帰る方向は確かに同じみたいです。

地方のお寺の跡取りで、今は比叡山へ修行に来られていると。
でも時々下山して、少し遊びにもいかれるようです。


『 カツラもってる人もいるんだよ~(笑 』

え!?w


そんな立ち話をしつつ、
そんな悪い人ではなさそうだし
なにより、今思えば、
その時の私にはこの偶然はまさに天の采配でした。

というのも、



京都で暮らして 1年を過ぎたころです。
多数の宗教があふれる中で、勧誘やらお友達が入っちゃったとか
いろんな話がたくさんあって、一人もやもやとしていたところでした。



(彼にきいてみよう)

そう思いました。


なので、やや千鳥足ではありましたが
一緒に歩いて帰ることにしました。





単刀直入に聞いてみました。


『 あの、少し質問してもいいですか? 』

『 どうぞ 』

『 宗教ってなんなんですか? 』


彼はなんのためらいもなく、するりとこう答えてくださいました。



『 宗教っていうのはね、
    今在る自分を『 有難いなぁ 』って思うことです 』







私は目の前がパーっと明るくなって

『 そうですよね!
   それだけで十分ですよね。

   それくらいシンプル!、

   そうだそうだ! 』


本当にもぅ小躍り級に嬉しくなりました!





続けて質問しました。



『 ある宗教の中では
    そこで推奨しているお題目が最高だといいます。

   それは本当にそうなんですか? 』



『 たしかにそれは本当です。
    仏教で説いた仏典の中では最高峰です。


   それでもね、

   そのお題目を唱えて、今在る自分を『 有難いなぁ 』と思えなければ
   他の言葉でも構いません。

   『 ありがとうございます 』でもいいし
   『 お天道様 』でもいいし
   『 おかあさん 』でも、なんでもいいんです。



   人の気持ちは、一日のうちに ○○○○○回 (← とんでもない数字でしたw)
   コロコロと変わります。

   ( 暑いな、)と思ったと思ったら
   ( お腹すいた )、
   ( あ、電話しなきゃ )とか

   コロコロと何回も何回も移ろうのです。


   そんな中で、一言口にするだけで、
   今在る自分を 『 有難いなぁ 』って思い出せること、感謝することが
   大事なんです。

   それができればどんな言葉でもいいんですよ♪ 』




  ヤタ━━━━━━ヽ(゚∀゚)ノ ━━━━━━!!!!






その後もいろんなお話をしながら
ちょっと肌寒い夜道をそぞろ歩いていきました。

お坊さんもさらにご機嫌になってきて

『 お好み焼きを食べに行こう! 』

え?



ということで、

帰る道すがら見つけたお好み焼き屋さんで
豚玉、エビ玉&ビールを囲んで
いろんなお話をして楽しいお夜食までご馳走になりました。



帰り道、いよいよ分岐点というところで

『 君はおもしろいね、
    うちにお嫁さんにきてください。 』

と、人生初のプロポ―ズを受けました。




子供のころの夢はお寺の奥様、
お坊さんのお嫁さんでした。

檀家さんと調和の中、地域密着で暮らせたら楽しいだろうなぁと思っていました。
こんな形でやってくるとは。


でも・・



『 ぁ、ありがとうございます。

    まだ学生なので
    またご縁がありましたら・・w 』



そんな社交辞令?で、
言葉にできないくらいいっぱいの感謝と
お互い笑顔でさよならしました。


本当にありがとうございました。




 
 

その夜からすっかり迷いもなくなり
ココロがわらわらしなくなりました。

信念をもって、過ごせるようになったのです。

『 有難いなぁ 』







あの時は、本当に悩んでいました。

結構一人で泣いたりしたり。。
なんだか人に相談できなかった、



でも、ちゃんとみててくれる大いなる存在がいらっしゃる、

大切な時、必要な時に、
天の采配によってギフトが届くんだなぁと思いました。




悩んでいたことも、
それがあったおかげでこの経験ができて
ココロが救われた。


囲むすべての出来事に感謝できたことでもありました。





あれから随分時間が経ちましたw


今在る自分を 『 有難いなぁ 』って
この日のことを思い出すと、又そんな気持ちがこみ上げてきます。

 

 

きっと彼は、立派なお坊さんになって
檀家さんに親しまれていることと思います。

 

 





感謝!


 

 

f:id:sssss333:20120724104148j:plain