読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒ カ リ ノ 雫

わたしたちはこの世界に生をうけた一滴のヒカリ。世界はヒカリの波紋。愛のヒカリで溢れますように。sachi ブログです。

ハネムーンの方位と、幸運の青い蝶 ユリシス

九星気学

 

今年の初め、

ネムーンの時期をみてくださいと、
新婚の奥さまがいらっしゃいました。

ネムーンなどのご旅行やお引っ越しは、
ご相談者だけでなくご同行者も気学鑑定をして、重なりをみます。



行き先はハワイを希望されていらっしゃいましたが
ハワイは東に相当し、今年の東は万人に共通してNGな方位(暗剣殺)なので

「数年後の楽しみにとっておきましょうね」

とお伝えして、

お二人が一緒にとれる他の場所を
時期と合わせてご提案させていただきました。



思いがけない場所だったのと、
ハワイへの想いがお二人の中で盛り上がっていたので
最初はなかなかショック、なかなか受け入れがたい感じではありましたが


鑑定後方位を絞った後、とくに訪れるべき場所など
リーディングも併せてのご提案ですので、こちらとしても大推薦なのです。

何より、お二人が同じ時期に同じ方位をとれる奇跡をお伝えしました。
単純なようですが、そうないのです。




戻られた後、ご主人の意思をなんとか軌道修正していただき
無事に、今年 4月の最大吉方へとハネムーンへ向かわれました。



場所はオーストラリア。

日本からはオーストラリアのほとんどのエリアが南に入ります。

事前にリーディングでみた結果でお伝えしておいたこと、
特に今回のハネムーンで訪れた方がよさそうな場所と、
やった方がよさそうなアクションをお伝えしていたので
しっかりお二人で、そちらは押さえてくださったよう。


帰国後、嬉しい事にメッセージを届けてくだいました。



良い気をたくさん頂いてきたこと
小さな教会でお二人だけの誓いをたてたり


そして

素敵なことに
訪れたケアンズで、野生のユリシスと出会えたそうです。




ユリシスとは、オーストラリアで『幸運のシンボル』と言われる青い蝶です。
瑠璃色に光る羽は、数百メートル先までヒカリを反射するようです。

オーストラリアでは、幸運の蝶 ユリシスに出会うと
3つのご利益があると伝えられています。

・ 見ると幸せになれる
・ 1日の内に3回見るとお金持ちになれる
・ 肩など体にとまると、より大きな幸福が訪れる


世界でも多く生息する地域とはいえ
ケアンズの街中を歩いていてユリシスに遭遇することはほとんどありませんので
お二人の末長く続く幸運を約束するような神様からのギフトですね。



日本でも珍重されているユリシスは、和名で「オオルリアゲハ」と呼ばれています。
神様に捧げる榊に集う習性があることから『神様の蝶』と呼ばれています。

素敵な偶然も天の采配ですね。




気学の視点でお話をすると、南には『離』の意味があり
別れてしまうイメージがある方もいらっしゃると思いますが
たしかに凶方でとれば、大切な方との別れも想定できますが
吉方でとれば、良い人間関係だけが残る、と考えます。

新婚のお二人を囲む人間関係が、より洗練され
必要な人間関係が残り、また新たに育まれ膨らんでいくのだと思います。
それと共に、幸福も拡大していくことでしょう。




末長く、お幸せに♪



 

f:id:sssss333:20150512132402j:plain