読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒ カ リ ノ 雫

わたしたちはこの世界に生をうけた一滴のヒカリ。世界はヒカリの波紋。愛のヒカリで溢れますように。sachi ブログです。

今年最高の吉方旅行 (3)

九星気学
 
4月8日の重なりの日から北を取り
北海道へ祐気取りの旅行へ行ってきました。
 
 
東京からみると、
ざっくり言うと苫小牧辺りから左側が北になり
右側の道東エリアは北東になります。
今年、北東は誰にも共通してNGですので
お気をつけくださいね。
 
 
 
 
 
 
つづきです。
 
 
 
 
最終日、
 
この日も早起きして、
札幌のホテルで合流した友人も交えてゆっくり朝ごはん。
 
今日の予定をシェアして
互いに旅の無事を祈り、別々の目的地へそれぞれ出発しました。
 
 
友人と入れ違いの場所、
旅の最終目的地、洞爺湖へ車を走らせます。
 
 
 
途中、日本一と言われる湧き水を頂きに行きました。
 
北海道、特に札幌から北のほうは
風水的にも配置が良いとされ
気の流れにそって移動し
湧き水の場所を経由しました。
 
お水は軟水、
でもそんなざっくりとした定義では分けられない、
特別に柔らかく澄んだお水でした。
地元の方も大勢みられて
皆さん親切にしてくださいました。
 
 
 
そこからさらに車を走らせ
ようやく洞爺湖に到着しました。
 
 
中島の向こう側、左側に
帽子をかぶった羊蹄山が見えます。
 
素晴らしい気でいっぱいです。。
 
 
f:id:sssss333:20150423082159j:image
 
 
 
フェリーに乗る前に、
昨夜ご紹介いただいた洋食屋さんへ。
フェリー乗り場からも近く好立地な場所でした。
 
デミグラスソースに浮かぶハンバーグ、
とっても美味しかったです。
旅の相方は、一日10食限定のハヤシライスを堪能。
 
 
またゆっくり訪れたい、素敵な場所でした。
 
 
f:id:sssss333:20150423084008j:image
 
 
 
お腹もハートも満たされたところで、いざフェリーへ。
時期が早くて中島へは渡れませんでしたが
近くまでいくことができました。
 
 
神様が住まう場所、中島。
中島は複数の島でできていて、
洞爺湖はお堀のようです。
 
護ってるんですね。
 
フェリーで渡れる場所も限られていて
私たちと程よい距離でいてくれています。
 
 
カモメがついてきます。
かわいい。
 
 
 
f:id:sssss333:20150423084026j:image
 
 
 
フェリーから降りた私たちは、
地元の方に聞いた100パーセント源泉かけ流しの温泉へむけて
出発しました。
 
観光客のいない温泉、
そこに向かうまで、洞爺湖を約半周します。
 
昭和新山烏帽子岩を横目に、
途中車から降りて、洞爺湖の湖の水を触りました。
全身が浄化されていくのが解りました。
 
 
 
f:id:sssss333:20150423084038j:image
 
 
 
ご紹介いただいた温泉、最高でした。
さっきさわった洞爺湖と同じ触感、
地元のおばあちゃんたちとも沢山おしゃべりしました。
 
「また会いましょうね、
    元気でいてね!」
 
笑顔でご挨拶してさよならしました。
 
 
 
 
 
     *
 
 
 
 
 
今回の旅でよくかわったのは
 
雪や湖が、大切な場所を護っているということでした。
 
私たちと程よい境界線を作り、
やさしく距離をおいて
結果的に私たちを護ってくださっている、
 
そんな関係性が見えてきました。
 
 
 
感謝の旅の余韻は、
今も続いています。
 
 
 
 
ありがとうございます。