読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒ カ リ ノ 雫

わたしたちはこの世界に生をうけた一滴のヒカリ。世界はヒカリの波紋。愛のヒカリで溢れますように。sachi ブログです。

呼ばれていく旅、宮城蔵王 (2)

先日、初めての東北、宮城蔵王へ行ってきました。
前編はこちらから。
 
 
 
 
 
最終日の朝、台風19号の余韻が少し残るも
雨も上がり、時折日差しも雲の合間から覗く
気持ちの良い朝を迎えました。
 
お一人様用の美味しい可愛い朝ごはんを頂きました。
 
 
f:id:sssss333:20141023201828j:plain
 
 
 
 
この日は湖に行くと決めていました。
湖にも呼ばれていたので。
 
ノープランだったので
当日観光センターみたいなところに行って
近くの湖を幾つか教えていただきました。
 
ピンとくる場所へ車を走らせること40分くらい。
美しい黄金色の稲穂の群れに目を奪われたりしながら
ユルユルと向かいました。
 
釜房湖
 
 
f:id:sssss333:20141023201830j:plain
 
 
 
 
 
釜房湖一周してから、
隣接する国営公園、みちのく杜の湖畔公園へ入園。
 
 
 
 
美しい花と豊かな水が溢れる公園は
隅々まで手入れが行き届き、まるで地球の楽園のようでした。
台風一過の平日、
ほとんど独り占め状態でした。
 
 
f:id:sssss333:20141023201832j:plain
 
 
 
 
 
一周すると2時間くらいかかります。
 
足の裏、土や芝生を感じながらゆーっくりお散歩。
時折、天気雨を何度も何度も全身に浴びせられ
大地からも空からも大浄化してもらいました。
 
立ち止まったり歩いたりしながら祝詞を唱えてお散歩を続け、
感謝の気持ちをお返ししました。
 
 
f:id:sssss333:20141023201835j:plain
 
 
 
 
公園の一角は、東北各地から移築された古民家が並ぶ
「ふるさと村」と言われる村がありました。
カカシや水車、田んぼもあって
当時の村の風景を再現されていました。
 
 
f:id:sssss333:20141023201838j:plain
 
 
 
 
古民家の中は自由に入れるようになっていて、
当時の暮らしぶりが伺えました。
どこも立派な神棚があり、中央に天照大御神様、
両脇にはその土地を代表する神社のお札が祀ってありました。
見事でした。
 
 
 
 
 
そして、ある古民家の神棚の前で、ビックリして息を飲みます。
 
 
東京にいる時から、2次元の絵姿でビジョンを見せてくださっていた
私を宮城蔵王へ呼んでくださっていた女神様がいました。
御釜のとこにもいた女神様です。
ケータイ没収された、、、w
 
 
歳徳神様でした。
 
 
 
両脇には、この旅で度々サポートしてくださった恵比寿様、
そして、歳徳神様と一緒に待っててくださった
大国主命様がいらしゃいました。
 
 
歳徳神様については諸説あるのですが
 
基本的には、毎年恵方にいらっしゃる見目麗しい女神様で、
その年の福徳を司る神様です。
水の神様であり、稲、五穀豊穣の神様でもあります。
 
 
 
しばし見入ってしまいました。。
 
 
 
 
まだまだ勉強不足、、w
 
気学では馴染み深い歳徳神様ですが
こうして実態と照合するのははじめてでした。
いろんなことが解るのは、このもっと後なのです。
 
ある地域では、年末からお正月12日くらいまで
この歳徳神様と、恵比寿様と、大黒様の描かれた紙を
神棚の下に並べて貼るのだそうです。
 
そのような文化には触れずに育ったので
混乱していました w
 
描かれた歳徳神様の絵はいろいろありますが
みたビジョンそのまんまのお姿が
まさにここでお会いさせていただいた歳徳神様でした。
 
 
 
 
たくさんたくさん、感謝を告げました。
 
有難や。
 
 
 
 
f:id:sssss333:20141023201840j:plain
 
 
 
 
 
ハートがほんわかしたところで、そろそろいい時間。
 
 
公園を出る直前で、もぅ一度振り返ると
まだ残る台風雲をバックに
今まで見た中でイッチバン大きなダブルレインボーを見せてもらえました!
 
とっても大きかった!
 
 
一人ではもったいないので
近くにいる子供達にもおもわず声をかけて
みんなで大はしゃぎしました。
 
中にははじめて虹を見る子もいて
天からの素晴らしい贈り物に
ココロから感動しているのがわかりました。
 
 
 
f:id:sssss333:20141023201842j:plain
 
 
 
 
 
ダブルレインボー、
写真にはおさめられませんでしたが
ハートにしっかり焼き付けました。
 
 
有難うございます。
 
 
 
 
 
 
f:id:sssss333:20141023201844j:plain