読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒ カ リ ノ 雫

わたしたちはこの世界に生をうけた一滴のヒカリ。世界はヒカリの波紋。愛のヒカリで溢れますように。sachi ブログです。

奈良

説明できない 日々徒然
 
西の旅
 
もぅひとつの大きな目的、奈良へ。
ここでも修学旅行コースです。
 
 
 
 
薬師如来様ともご縁が出来たので
お会いしたくて行ってまいりました。
 
 
 
午後からの予定に間に合わせる為に
小走りで参拝しているのは私くらいでしょうw
 
 
 
奈良のお寺さんは、どこも美しかった。
 
 
 
f:id:sssss333:20140616063055j:plain
 
 
 
 
千手観音様にお会いしに!
 
なんと美しいところでしょうか。
 
f:id:sssss333:20140616063254j:plain
 
f:id:sssss333:20140616063310j:plain
 
 
 
 
f:id:sssss333:20140616063400j:plain
 
f:id:sssss333:20140616063431j:plain
 
 
小走りで周りながら
無性に春日大社に行きたくなる。。
 
 
 
そんな中、不思議な体験をします。
 
弥勒三尊像の祀られている大講堂には
御釈迦様の10人のお弟子さまの像があります。
 
この像に近づく程に、足がおかしくなってきました。
 
?!
 
 
 
旅の疲れかと焦ったりしましたが、
すぐ、大きな石が目にとまりました。
「仏足石」と書かれていますが
それ以上の説明書きは見当たりませんでした。
 
この石の前に立つと、足裏から膝まで
ものすごい痺れがきます。
こんなにビリビリきたのは初めて!
 
石の上には、足の形に掘ってありました。
 
 
後ろから丁度ガイドの叔父様がいらしたので伺うと
御釈迦様が亡くなられて暫くは
御釈迦様を形にして残すなど勿体無いということで
足型だけ石に掘って珍重されたようです。
その最古のもの、といわれるものでした。
 
 
 
足のビリビリはこの後、
電車で移動中も暫くつづきました。
 
 
午後は初めての集まりに参加。
すいません、内容は詳しく書けませんが
この日がどれだけ楽しみだったか
表現できません。
 
素晴らしい出会いの数々に
たくさんの感謝を。
 
 
 
 
夕方、宴の前に時間があったので
一人散歩へ出掛けました。
 
 
レトロな街並み。
 
f:id:sssss333:20140616065224j:plain
 
 
 
 
角を曲がると、鹿が現れ森の中へ。
予定になかった春日大社まで案内してくれました。
思いがけずとても近くて感激しました。
 
 
f:id:sssss333:20140616065337j:plain
 
 
 
 
すでに夕方でしたので参拝者も少なかった。
 
本来なら、神社参拝は
遅くとも15時までには終わらせたいところですが特別。
 
 
お社へいくと
この日に限って神事があって閉じられていましたw
 
 
f:id:sssss333:20140616065758j:plain
 
 
 
 
がっかりして帰ろうとしたところ
門の内側から雅楽の生ライブの音が聞こえてきました。
 
 
すると、
ゆっくりと
春日の大神様がおりて来られたました。
呼ばれたんだ、とわかりました。
 
 
f:id:sssss333:20140616070017j:plain
 
 
 
 
高揚した気分のまま、夜の宴へ。
 
素晴らしい方々との出会いに
素晴らしい神様達との出会いに感謝して
美味しい時間を過ごさせて頂きました。
 
 
f:id:sssss333:20140616070737j:plain
 
 
 
 
 
いつか繋がると言われた世界に
繋がっていく入り口の日でした。
 
これからが益々楽しみになりました。
 
 
 
 
 ありがとうございます。