読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒ カ リ ノ 雫

わたしたちはこの世界に生をうけた一滴のヒカリ。世界はヒカリの波紋。愛のヒカリで溢れますように。sachi ブログです。

不思議な出逢い

説明できない


人生には時々、
とっても不思議な出逢いが用意されている時があるように思います。

 


わたしもいくつか記憶しています。
そのうちの一つ。

 

 

 

 

……………………

 


彼女とは当時の職場で出逢いました。

 


派遣でいらした方で、
もぅなんのお仕事をされていたのかも
覚えていないのですが

そのうちランチを共にするようになりました。

 


けして目立つ人ではなく
どちらかというと地味なタイプではあるのですが
芯の通ったところ、
女子の噂話に耳をかさないところとかが好きでした。


彼女はホロスコープ
とくにサビア占星術をお勉強されていて
そのうちHPをつくったり鑑定したりしたいと
おっしゃっていました。
彼女から初めて「サビアン」という名前を知り、
お勧めのサイトも教えてもらったりしました。


彼女のヒトとなりに、占いというのがイメージしにくいくらい
さっぱりした方だった印象があります。
なので付き合いやすかったのだと思います。
余計なことを言わない、
そういう気遣いができる方だった。
お話しててガールズトーク的な盛り上がりはないものの
静かなランチタイムで、ゆっくりお互いを知る感じでした。

 

 

2ヶ月くらい過ぎたある日、
仕事帰りに一緒に映画を観にいくことになりました。

当時新宿のデパートの上にあった小さな映画館で
リバイバル上映をしていた映画を観に行こうと思う、と
ランチの時にたまたま話をしたら
わたしも観たいと賛同してくださったのがきっかけです。

 


映画を見終わった後、
同じデパートのレストランフロアで食事をしました。

 


彼女はそれまで持っていた大きな紙袋を差し出し、
プレゼントしてくれました。
お誕生日でもなんでもなかったし、
ましてや知り合ってそんなに時間も経っていないので
本当にサプライズでした。

大きな紙袋の中には、ハードカバーのしっかりしたものを中心に
10冊くらいの古本が入っていました。
こんなに重いのに私の為にわざわざ・・

 


よかったら読んで、と。
この本たちは彼女なりに集めたフルセットで
古本屋へ行っては状態の良いものがあれば購入しておき
必要と思われるヒトにプレゼントしている、とのことでした。


頂いた本はこんな感じでした。


神との対話 -宇宙をみつける自分をみつける-
神との対話 関連書籍 2冊
アミ 小さな宇宙人
もどってきたアミ 小さな宇宙人
アミ 3度目の約束 -愛はすべてをこえて
前世療法

   etc

 

いわゆる精神世界の本で、かなり有名なものばかりでした。
といっても、この時はそんなことも知らないのですが。

まだはっきりと自分がもっているものに気づいていない時でした。
そして彼女は、

「読むべき人に出逢った時にプレゼントしている」

といってプレゼントしてくださったのです。
古本というのも、もらった方が気を遣わなくてもよい、という
彼女の心遣いでもありました。

 

不思議なプレゼント、
本の重みをしっかり感じながらうちに帰り
ぼちぼち読み進めました。

どれもこれもぶっとんだ内容で、
本当にこんな世界があるのかと、驚きながら読み進めました。

 

そしてもっと驚いたのは
本をくれた彼女がその後1週間くらいで会社を辞めてしまったことです。
ケータイに連絡をしても返事もなく
3カ月にも満たない彼女との時間は、あっという間に過ぎて
本だけが残りました。

 

 

 


頂いた本は、彼女の意思を受け継ぎ
お話をして興味をもった人に貸し出していました。

なかには返ってこないものもありましたが
それはそれで、その流れにまかせました。

 


……………………

 

 

 

去年、様々なワークと覚醒を通して
今では前世や過去性等にも瞑想誘導できるようになりました。
たくさんの大いなる存在にも出逢い、
様々な体験を通して今があります。

不思議な境遇にふと思い出されるのは、彼女との出逢いと頂いた本のことでした。

 

 

 

 

今年、2014年
わたしは一つ目標をたてました。

その目標を思いついた時、
「神と対話」をもう一度読みたくなり
丁度貸していた方とお会いする機会があったので
昨日返していただきました。


そして昨日の夜、ものすごく UNIVERSE を感じました。
UNIVERSE 宇宙です。

いつどこで聞いたのか、目にしたのか覚えてないことが思い出され
とても共感し、腑に落ちて、感動しました。
地球と、地球が存在する銀河そのものをいとおしく感じ、
宇宙レベルで自分の立ち位置が少し見えた瞬間でした。
素晴らしい時間でした。

わたしのところによく来られる大いなる存在は(ミカエル様です)
昨日は特に至近距離で見守ってくださっていました。
右背後にほぼくっついている形で、わたしの覚醒をサポートしてくださっているようでした。

 

宇宙意識がはっきりできました。
判断する基準であり範囲です。
ここからまた変わっていくのでしょう。

 

 

そして今朝、移動中読むのに手にした本は

神との対話 -宇宙をみつける自分をみつける-」

 

ワクワク

 

 

f:id:sssss333:20140123115923j:plain