読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒ カ リ ノ 雫

わたしたちはこの世界に生をうけた一滴のヒカリ。世界はヒカリの波紋。愛のヒカリで溢れますように。sachi ブログです。

GIVE & TAKE?

 
イヴですが、
お不動様のお話。
 
 
 
説明のしようのないことが度々おこります。
 
 
お不動様に助けて頂いたことがあります。
まさに、命拾いのような
奇跡のようなことでした。
お礼をしに、高幡不動尊様へお詣りにいきました。
 
お不動様は大変パワフルで、
力強い愛で救ってくださいます。
横顔見ただけでも浄化がはじまり、
感動しました。
 
 
 
 
 
ある日、あるお友達のお宅に
「行かなきゃ」
とココロで衝動が起こります。
まだいったことのないおうち。
なぜ?
 
 
「〜しなきゃ」
これは時々あります。
天に動かされてる時。
理由はすぐにわかりませんが、
しなくちゃいけないのは揺るぎない。
 
 
 
行かなきゃ宅のお友達主催のイベントに
参加した帰り道、
暗い夜道を一人で歩いていると
家の間取り図がはっきりビジョンとなって目の前に現れました。
 
お庭があって、
廊下が真ん中に通ってる。
両サイドにいくつもお部屋がある中で
一箇所がキラキラ光っています。
一階のお部屋。
ものすごくはっきり見える。
 
 
 
!
 
 
 
行かなきゃ、はコレだ!
このキラキラに会いに行くの!
 
 
 
すぐにコンタクトをとりました。
「おうちに遊びに行きたいんだけど」
「きてきて〜♪」
 
彼女は快くお返事してくださいました。
まだいったことのないおうち。
聞くととても近くです。
 
 
 
彼女には事前に正直に伝えました。
「ご神仏か、パワーストーンか
   なにかある?」
 
おうちにいくと、まさにビジョンとして浮かんだ間取り図通り。
彼女がもっている様々な宝物をみせてもらいました。
 
でもキラキラの子ではなさそう。。
 
 
しばし、ワインにお食事と
色々お話しして過ごしてると
 
お台所
 
ときづきました。
 
 
「キッチンみたい」
「?
 
 
   あ!そっか!」
 
 
彼女もすっかり忘れていたのは、
キッチンの窓と食器棚の間の隙間の奥の奥にいってしまってた小さなお不動様でした。
キラキラの場所と一致します。
 

 
 
「あー!この方ですー!」
 

 
ずーっと彼女と一緒にいるお不動様は、
たまたまそんなさみしいところにいたみたい。
 
キッチンからリビングのピアノの上へ
よくみんなが見れる、
みんなをよく見れるところへお引越し。
 
 
 
 
 
 
少し恩返しさせていただけたのかな。
そんな日でした。
 
 
 
 
 
f:id:sssss333:20131224162713j:plain
 
 
 
 
 
 
 
 
 
感謝